2016年の10枚(順不同)。後半5枚。

Sing Street (Original Motion Picture Soundtrack)

80年代UKロックシーンの狂騒と、それに憧れる思春期の葛藤を真空パックしたようなイミテーション。是非映画とワンセットで。

Cutemen - Humaniry

話すと長くなるので割愛するけど、「エモい」という言葉は男の子のため「だけ」にある言葉だな、と改めて実感させてくれたアルバム。

DYGL - Don't know where it is

ぱっと見その辺の大学生みたいなのに、規格外過ぎて今の邦楽ロックシーンの中では持て余している印象。野球で例えると大谷翔平。

Andrew Weatherall - Convenanza

伊達男ウェザオールの音には昨今のダンスミュージックにはない「男の色気」がある。

TV Girl - Who Really Cares

チルウェイヴがかったリバーブ深めの甘ったるいボーカルとドリーミーなサンプリングポップの組み合わせはさしずめ「90'sリバイバル」リバイバル。2016年を象徴する音楽、って結局こういうやつなんじゃないかね。

2016年の10枚(順不同)。前半5枚。

Animal Collective - Painting with

今年1枚選べ、って言われたら確実にコレ。午前3時のサイケデリックなライブもすばらしかった。(一人フェス初体験)

VA - 再建設的

どの曲も30年前の「その先」を鳴らしてて素晴らしいんだけど、なんといっても「東京ブロンクス」のいとうせいこう自身の年季の入ったハスキーボイスがほんといい。

Bon Iver - 22, A Million

今一番リアルなノイズに包まれた涅槃。オートチューン越しのブレスの間まで音楽になってる。

Los Stellarians - Los Stellarians

軽すぎず、重すぎず、暑すぎず、涼しすぎないいい塩梅のソウルミュージック。ボーカルは元311の人なのか。へぇー!

スカート - CALL

共感する音楽がこれだけ浸透している最近の邦楽シーンの中で、一人で向き合える音楽って大事だなぁって最近特に思う。